• 2022年10月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • 外車車検店スタッフブログ

    外車専門の大阪市内にある車検工場スタッフが雑学をつぶやくブログ。
    車検・修理・鈑金の実例価格から燃費向上、業界の裏話まで書いていきます。
    更新は週に1回。

    ブログ

    もしものパンクの時の備え(外車の修理整備 大阪) [2015年06月23日]

    今日は、 
    「もしも車のタイヤがパンクしたら!?」 
    という時の話です。  

    最近はスペアタイヤが搭載されていない車を見かけます。 
    ・居住性容量の確保
    ・車の構造上の為スペースが取れない 
    など、様々な事情があるみたいです。  

    が・・・特にハイブリッド車が多いような気がします。 

    あなたの車がもしハイブリッド車なら、
    トランクルームの下にスペアタイヤがあるかないか、 
    確認してみてください。  

    そして、もしなければ、今回の話は少し役に立つかもしれません。  

    スペアタイヤが搭載されていない車には、 
    代わりに「パンク修理キット」が搭載されています。  

    大阪の外車車検の専門店のパンク修理キット

      ↑ パンク修理キット(スズキ純正部品)  

    このキットを使用したタイヤは通常交換になります。 

    なぜなら、パンク修理キットを使って走行した車のタイヤは
    ホイールにもタイヤ内部にも修理剤が大量に付着してしまうからです。  

    大阪の外車車検の専門店のパンク修理キット

     パンク修理キットを使って走行した車のタイヤをホイールから脱着していきます。  

    大阪の外車車検の専門店のパンク修理キット

     ホイールに白い修理剤がべったりくっついているのがわかります。 

    大阪の外車車検の専門店のパンク修理キット

     タイヤの内側にも白い修理剤がべったりくっついていますね。 


    修理剤の仕組みは、
    パンク修理剤がタイヤ内部に入り、
    付属のエアーポンプで空気を補充します。
     
    そして遠心力で修理剤が釘などの異物が刺さっている部分に浸透して穴を塞ぐのが大まかな仕組みです。

    よって、バーストなど穴の大きさによっては修理剤では塞ぎきれなかったり、タイヤのサイドに穴があるような場合は修理剤では対応できません。 

    高速など、パンクした場所がすぐに退避しなければならない場所ではジャッキアップしなくても短時間で修理できてしまいますが、 

    パンクの種類によっては、パンク修理キットだけでは対応しきれないことがあるのが短所と言えます。 

    この修理キットを使用したタイヤは通常交換となり、
    修理キットも1回分になるため、使えば新たに補充する必要があります。 

    パンクして修理が出来なければ
    車すら動かす事が出来ないため、
    レッカー移動などの手段が限られてしまいます。
     
    タイヤの交換、修理キットの補充などを考えれば、
    車の購入時にオプションスペアタイヤを追加オーダーする事も考えてみては?と思います。

     (最近の車は購入時点でスペアタイヤを乗せるための空間を確保しなければならない)   


    大阪市内の外車の修理・整備をお求めならお気軽に
    双輪自動車までご用命ください。 

    06-6531-0181